♯69 たるみにはご用心を・・・


こんにちは!

6月に入り、ジメジメとした日がもうまもなくやってきますよー。

梅雨は湿度が高く、蒸し暑い日がつづいてストレスが溜まる方も多いのではないでしょうか?

でも、梅雨が明けると水を使用する機会も多くなりますが、そんな時に、水不足で困るなら、今のうちにたっぷり琵琶湖に降ってもらいましょう!ってくらいの気構えだと少しは楽になりませんか?

 

そんなジメジメした日の今日は「たるみ」についてです。

特に女性の方はこれからの時期は薄着、肌見せの季節になるので、少しでも細くみえる服装をコーディネートから考えるのではないでしょうか?

実際、脚や腕は通販器具やメディキュットのような履くだけ〇〇のような商品も出ています。

しかし、自分の顔となると、なかなかそうは行きません。

では・・・たるんだ頬をどのようにすればいいのでしょうか?

 

 

 

 

答えはカンタンです!

それは、寝るときに仰向けになって寝るだけです。

普段寝る時の多くは、おおむね仰向け、横向き(左右)、うつぶせ方向になります。

まず、うつぶせ方向は大変危険です。

なぜなら、寝る姿勢が長時間胸を圧迫する体勢となるからです。そして、姿勢のゆがみ、腰痛、O脚など身体に様々な悪影響を及ぼします。

そして、うつぶせは顔の表面の脂肪を顔側に押し出す形になるため、オススメしません。

 

続いて、横向きです。

横向きの場合、左右の違いはあるものの、まず一方向に顔

の表面の脂肪が偏ってしまい一方向にたるみができてしまいます。

 

そして仰向けです。

「仰向け寝」は、血液が無理なく全身を巡るため、血栓ができにくい健康的な寝姿勢といえます。呼吸も深くなります。

顔の表面の脂肪も重力によって後頭部側に流れるので、前面のたるみ防止につながるといわれています。

 

ただし、寝姿勢に共通していることは「寝返り」をうつということです。はじめは仰向けになってても、気がつけば横向きにねていることも多いはず。

ですので、はじめは寝る時は「仰向け」のまま布団に入り、例え寝にくくてもその姿勢に慣れることから初めてみましょう!

 

もうすぐ暑さがやってきます!

くれぐれも夏負けしないように体力をつけておきましょう!

では!