♯39 さかな


こんにちは

最近は残暑もようやく姿を潜め、

すっかり過ごしやすくなりましたね~

秋は〇〇の秋と言われるように、

1年で一番、なにをするにしても向いている季節と言われています!

そんな中で今日のキーワードは「さかな」

どんな流れで「さかな」やねん!と思われた方

 

 

 

ごもっともです!

 

そもそも「さかな」と聞いて「魚=FISH」と思われた方が多いのでは・・・

 

実は「魚」の本来の読み方は「うお」が最初と言われています。「うお座」「うお釣り「出世うお」など実はあまり熟語では「さかな」という言葉は少ないんです。

では、その始まりとは・・・・?

実は「さかな=肴」が最初といわれています。

時代は奈良時代~平安時代。

当時、農民が食べていた料理にあった”お酒のあて”が肉や魚を今でいう燻製したものや、発酵したものとされています。そこから派生して、お酒のあてに用いられた魚を「さかな」といつしか呼ぶようになりました。

いまでは、さかなを連想すると「魚>肴」ですが、これからボジョレ・ヌーボーや忘年会などお酒を囲む季節ですが、話の小ネタにいかがですか?

ちなみに「重複」の読み方は「ちょうふく」が正答で

「じゅうふく」は間違った読み方でしたが、国民の間で通じるようになったため、今では正答となっています。

ちなみに私の大好物のさかなは「さんま」です!

で!!!